ブログ

カテゴリー:

院長ブログ

お口の 生活習慣病

 

むし歯 や 歯周病 には生活習慣が大きくかかわっています。

お口の健康のためには生活習慣に気をつけたいものです。

今日はそのいくつかの 問題点と対策 をご紹介します。

是非、心がけて下さい。

問題点 ①

仕事の合間に、ついついつまみ食いをしてしまう。

通常の食事以外にお口に食物が入る回数が多いと、お口の中は酸性に傾きがちとなり、むし歯になりやすい状態が続きます。

対策 ①

仕事や家事、勉強の合間に間食の時間を作る。

間食の時間 + 休憩時間 をつくり、ストレスを減らし、その後ブラッシングをしてから再び仕事に戻りましょう。

問題点 ②

のど飴をなめたり、ガムを噛む習慣がある。

砂糖を含んだ飴やガムだと長時間お口の中の細菌に栄養分を提供することになってしまいます。

対策 ②

ノンシュガーやキシリトール入りの製品にする。

単に『歯を大切に!』と書いてあるだけではダメ!!

製品の成分やキシリトールの含まれている量がポイントです。

問題点 ③

歯ブラシが上手に出来ていない。

歯ブラシをしている と 歯を磨けている はイコールではありません。

歯ブラシをしていても、案外磨けていない事もあるんです。

対策 ③

可能であれば歯科クリニックでお口のケア方法をご相談下さい。

歯ブラシが古くなっていたために磨きにくかった、などと言う落とし穴もあります。

まずは出来ることから試して下さい。

生活習慣が関わっているからこそ、生活習慣で予防できるんですね。

WEB予約