歯周病治療

歯周病について

テレビCMなどで聞いたことがある方も多いと思いますが、歯周病の原因をご存知でしょうか?答えはプラーク(歯垢)です。食べカスとは違い生きている細菌の塊です。口の中は身体の中で最も多く細菌が存在する場所です。
プラークは細菌が増殖し約1〜2日かけ形成され、付着力が強く、うがいでは取れません。しばらくすると唾液中のミネラルと結合して石のように硬くなり歯石となります。そのため、きちんとしたブラッシングが必要です。

歯周病セルフチェック

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 歯肉がむずがゆい、痛い。
  • 歯肉が赤く腫れている。
    (健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  • かたい物が噛みにくい。
  • 歯が長くなったような気がする。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。
    食物が挟まる。

上記の項目3つ当てはまる方…油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
上記の項目6つ当てはまる…歯周病が進行している可能性があります。
上記の項目全て当てはまる…歯周病の症状がかなり進んでいます。

日本臨床歯周病学会より抜粋

歯周病と全身の健康の関係性

歯周病は成人の約8割がかかっているといわれており、近年では様々な病気の引き金になることがわかってきています。歯周病に関係している主な疾患は、糖尿病、心筋梗塞・心内膜炎、脳梗塞、早産・低体重児出産、誤嚥性肺炎などがあります。また、これらの疾患は歯周病を進行させるという悪循環を起こしてしまう可能性があるのです。初期の歯周病は自覚症状があまりありません。定期的にメインテナンスを受けて、全身健康な身体を目指しましょう。

糖尿病

血糖値をコントロール機能が低下する病気です。糖尿病と歯周病は相互に関係しており、片方が悪化するほどもう一方も悪化する傾向があります。逆説的に片方を治療するともう一方も改善しやすくなることもわかっています。

  • 歯周病は糖尿病の合併症の一つと捉えることができます
  • 糖尿病と歯周病は相互に関係があり、一方が悪化するともう一方も悪くなります
  • 歯周病を改善すれば糖尿病の治療もしやすくなります

心疾患

動脈硬化や血管が狭くなることで血液の流れが悪くなり、心筋に十分な血液が送られないことから、命を落とすこともある疾患です。日常のストレスや運動不足、食生活の乱れなど日常生活の習慣も関与しています。

  • 歯周病にかかっていると心疾患の発症度が高まります
  • 歯周病の進行度が高いほど心疾患を発症しやすくなります

脳梗塞

口腔内のプラークは血管を経由して全身をめぐり、脳の血管を詰まらせて脳梗塞の原因となることがあります。歯周病にかかっていると脳梗塞のリスクが2.8倍も高いというデータもあります。

  • 歯周病にかかっていると脳梗塞の発症度が高まります
  • 歯周病菌は血液に侵入して全身に流れ、脳梗塞のリスクを高めます

早産・低体重児出産

予定日より大幅に早くお産が始まったり、胎児の体重が一定値に達しないまま出産に至ることを指しています。妊婦さんが歯周病にかかっているとリスクが高まります。歯周病は胎盤を経由して新生児に感染することもあります。

  • 歯周病にかかっていると早産の確率が高まります
  • 早産、低体重児出産が起こりやすいのは歯周病の炎症が関係しています
  • つわりの時期はブラッシングがしにくいので、歯周病のリスクが上がります

歯周病とたばこの関係性

喫煙が、がん・心疾患・脳血管疾患・高血圧等の生活習慣病とも関連していることはよく知られていることですが、生活習慣病の一つである、歯周病にも大きな関係があります。喫煙本数が増えるほど、進行した歯周病にかかりやすくなっていくことがわかっており、1日31本以上タバコを吸う人は吸わない人の5.88倍も歯周病にかかりやすいことが言われています。

禁煙のすすめ

タバコに含まれるニコチンは、歯ぐきの血液の流れを悪くし、歯ぐきに十分な酸素や栄養を十分行き渡らせなくするだけでなく、唾液の分泌量も抑えてしまうため、プラーク(歯垢)や歯石を付きやすくします。歯周病の主原因はプラーク中の細菌です。したがって歯周病を治すには、まずプラークコントロールが第一です。タバコを吸っている方は、吸っていない方と比較した場合、歯周病が改善しない確立がとても高いため、治療に専念する場合は、まず禁煙から始めることをおすすめしています。

おおこし歯科クリニックの
歯周病治療

歯周病の治療を進めるということは、お口の中の状態を良くしていくことでもあります。
当クリニックは患者さんの状況を踏まえて、それぞれの方に合わせたケアを提案し、状態改善に向けて治療を行います。

衛生士担当制を導入して歯周病をしっかりとケア

当クリニックは継続的なケアを提供するために、歯科衛生士を担当制としています。担当を決めることで状態が悪化していることに気づきやすくなりますし、改善できた点を一緒に喜ぶこともできます。当クリニックの歯科衛生士はお口の中のケアをしっかり学んでいますので、お気軽に何でもご相談ください。

重度の歯周病には、歯周組織の再生治療を実施

軽度の歯周病の場合、歯科衛生士による歯磨き指導や歯石除去を行うことで、改善が見込めます。しかし、歯周病が進行すると歯ぐきの深部にこびりついている歯石を取る事は困難なケースが多く、その場合には外科的な対応となります。
特に適応症は限られますが、特殊な薬剤を使い歯周組織(歯ぐき)を再生させる治療も行っています。歯磨きの仕方を変えたり、歯石を除去するだけよりも、大幅な改善が期待できるのです。当クリニックでは、しっかりと症状に合わせた治療法を行います。

歯周病治療の流れ

歯周病はメインテナンスで重症化を防ぐことができます。
出来る限り進行しないようにメインテナンスを行い、重症化した歯周病に対しては外科処置を行います。

  1. STEP01

    検査・立案

  2. STEP02

    TBI(歯磨き指導)

  3. STEP03

    歯石除去

  4. STEP04

    再評価

  5. STEP05

    歯石除去・外科処置・再評価

    ※改善がみられるまで繰り返します

  6. STEP06

    メインテナンス

歯周病の進行度と治療内容

歯肉炎

お口の中に歯垢(プラーク)が増えて歯と歯ぐきの境目に蓄積し、歯周病菌が毒素を出すことで歯肉に炎症が起こっている状態です。この段階では自覚症状が少なく、気が付いたら悪化していることもあります。

メインテナンス・スケーリング・TBI(歯磨き指導)

当クリニックの基本的な治療として、まず歯周病の検査を行い患者さんに適切なブラッシング方法をお伝えし、原因菌が潜んでいる歯石の除去を行います。簡単な歯石除去やブラッシングで改善出来ます。

歯のメインテナンス

歯周炎(軽度)

歯周ポケットが広がり、深い部分に歯石がたまって歯根膜や歯槽骨を溶かし始めます。歯肉の腫れのほか歯磨き時の出血が出ますし、骨が溶けて歯肉が下がることで次第に歯が長く見えてきます。

ルートプレーニング

時間をかけて歯周ポケット内の歯石除去を行った上、細かいブラッシングのトレーニングが必要となります。

ルートプレーニング

歯周炎(重度)

歯槽骨の破壊が進みます。次第に歯を支える力が弱まるので、歯がぐらつく症状が現れます。また、膿がたまることで口臭がひどくなることもあります。

歯周外科での治療

歯周病が重度に進行し歯周組織の破壊が著しい場合は、歯周外科手術が必要となる場合があります。

歯周外科での治療

歯周病の治療方法

スケーリング

歯垢は唾液の成分と化合して歯石化します。歯石は歯周病を悪化させるので除去すべきですが、歯磨きでは取れません。歯科医院のスケーリングなら、歯石だけでなくバイオフィルムも取り除くことができますので、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けましょう。

ルートプレーニング

歯石が増えると歯周ポケットも深くなり、次第に歯根付近にも付着し始めます。ルートプレーニングは歯の根に達した歯石やバイオフィルムを除去するための処置で、細菌の繁殖を抑えることに役立ちます。また、歯面をキレイにするので、歯垢が付着しにくくする効果も期待できます。

歯周外科での治療

歯周病は歯槽骨などの骨を溶かすので、次第に歯を支えることが難しくなります。当クリニックでは、「骨再生療法」も扱っており、失われた骨を再生することが可能です。歯槽骨の状態を戻せば歯周ポケットも浅くすることができ、歯周病の改善に役立ちます。

歯周病治療の症例

登録されている症例がありません。

フルマウス治療のご案内

同じ場所の虫歯の治療を何度も繰り返している人はいませんか?これは原因が解消されていないから起こることです。噛み合わせなどの原因を追究・解消する当クリニックのフルマウス治療なら、痛みを解消するだけでなく再発も防ぐことができます。フルマウス治療なら、ぜひおおこし歯科クリニックにご相談ください。

フルマウス治療

WEB予約