小児歯科

小児歯科について

子どもの口の中は、まず乳歯が生え始めて、永久歯に生え変わるまで劇的な変化を続けます。 乳歯は生え変わるからという前提で虫歯の予防や治療をおろそかにする方もいらっしゃいますが、永久歯の生え方に大きな影響があるので、乳幼児期からしっかりケアをすること、定期的に歯科医院に通うことをおすすめします。

子どもの歯が虫歯になりやすい原因

子どもの歯は虫歯にかかりやすい上に、進行も早い特徴を持っています。生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌を持っていませんが、多くは家族との接触で感染します。子どもの歯を守るためにスキンシップの仕方にも気を配りましょう。

おおこし歯科クリニックで行う
子どもの歯の予防

子どもの歯は虫歯になりやすく、毎日歯磨きをしていても虫歯になってしまう可能性が高いです。毎日親御さんが仕上げ磨きをすることも大切ですが、それと併用して「フッ素塗布」「シーラント」「歯磨き指導」などを歯科医院で行うことが大切です。
健康なうちから予防を始めて、一生健康な歯を目指しましょう!

フッ素塗布

フッ素は歯をおおっているエナメル質を強化しますし、歯の再石灰化を促進して、虫歯菌の動きを抑える作用も持っています。そのため、歯科医院のフッ素塗布は虫歯予防に有効です。1歳頃から定期的にフッ素塗布をして、子どもの歯を虫歯菌から守りましょう。

シーラント

子どもの奥歯は、歯が噛みあう面の溝が深いので食べ物が詰まりやすく、虫歯のリスクが高いことが知られています。シーラントと呼ばれる医療用の樹脂で、あらかじめ溝を埋めれば子どもの歯を虫歯から守りやすくなります。

TBI(歯磨き指導)

予防のプロである歯科衛生士が、子どもの歯を守るための歯磨き指導を行います。子どもの歯は小さいことや、じっとしていないことなどからケアしにくいですが、コツをていねいにレクチャーしますので、ぜひ親子でTBIを受けてください。

顎の成長を利用した
「咬合育成」

当クリニックは、歯並びが乱れることを防ぐための咬合育成を行っています。プレオルソと呼ばれるポリウレタン製のマウスピースを使うことで、歯並びを整えつつあごの幅が適切に成長できます。
また、定期的に通うことでお口の中に起こるトラブルを予防できますから、ぜひ一度当クリニックにお越しください。

小児歯科の症例

登録されている症例がありません。

よくあるご質問

WEB予約