歯のメインテナンス

歯のメインテナンスの重要性

皆さんは歯のメインテナンスを受けていますか?「毎日磨いているし大丈夫!」という方が多いのではないのでしょうか。
日本は80歳を迎えた時の歯の平均本数は約12本です。世界と比較してみるとアメリカは約17本、予防先進国スウェーデンは約20本です。日本は8020運動(80歳になっても自分の歯を20本以上残そうという運動)を掲げ達成に向け少しずつ増えてはきていますが、まだまだだと言えます。
虫歯や歯周病は再発しやすい病気です。症状が出る前に定期検診を受け、健康なうちから予防を行うことで、一生健康なお口を目指しましょう。

虫歯や歯周病は早期発見・早期治療が重要

初期の虫歯や歯周病は、あまり自覚症状が出ないことが多いです。しかし、歯を失う原因となる2大疾患のため、早期発見・早期治療がとても大切です。一人ひとりむし歯や歯周病にかかるリスク(お口の中の細菌の数、唾液の量や質、噛み合わせや歯並び、全身疾患など)は違いますが、定期的に通っていただくことにより歯を喪失するリスクを抑えることが可能となります。

おおこし歯科クリニックの
歯のメインテナンス

虫歯や歯周病が出来る前でも、治療を終えた後でも、メインテナンスはとても重要です。
当クリニックでは患者さんそれぞれに合わせた予防方法を実施できるような工夫をしております。

担当衛生士制でいつでも相談できる環境

当クリニックでは、歯周病治療やメインテナンスが特に大切と考えています。あらゆる治療の土台となるのが歯周病治療ですし、どんな治療をしてもメインテナンスなくしてその長期安定はありえません。 担当の歯科衛生士がお口の中の健康の獲得、維持・管理をお手伝いさせていただきます。
歯周病やお口の治療が終了したら再発・進行させないようにコントロールする必要があります。
普段のセルフケア(ご自身でのブラッシングなど)に加え、むし歯のチェック、歯周病の進行の検査、歯石除去、ブラッシングで落としきれなかったプラークの除去などを行います。
また度々ブラッシングのご指導をさせていただきます。

歯科衛生士による歯のクリーニング「PMTC」

歯科医師や歯科衛生士などの専門性を持つ人員が、専用の機械を使って行う歯のクリーニングです。家庭での歯磨きでは落とせないバイオフィルムなどの汚れを除去できますし、歯面をなめらかにするので汚れが付きにくくなるメリットもあります。お口の健康のために、ぜひ定期的に利用してください。

歯のメインテナンスの流れ

PMTCの基本的な流れです。症状によっては歯周病の処置を行う場合もあります。

  • STEP01

    歯周病・虫歯の検査

  • STEP02

    歯石・バイオフィルムの除去

  • STEP03

    歯の研磨

  • STEP04

    フッ素塗布

  • STEP05

    定期的なメインテナンス

当クリニックで行っている
歯のメインテナンス

  • PMTC
    (プロフェショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

    研磨剤と専用の機械を使って歯面をキレイにします。バイオフィルムやプラークを除去できますし、着色を取るので見た目も美しくなります。

  • TBI
    (ブラッシング指導)

    歯科衛生士による歯磨き指導です。患者さんごとの状況を踏まえて指導しますし、ケアグッズの選び方もアドバイスします。

  • 歯石除去

    訓練を積んだ歯科衛生士が、ブラッシングでは除去できない歯石を除去して、歯周病のリスクを低くします。

  • ※PMTCは自費診療となります。基本的に痛みなどは感じませんが、症状によってはしみたり痛みを感じる場合がございます。
  • ※歯科医院で行う治療だけでは虫歯や歯周病は防げません。毎日の歯磨きと併用することが大切です。

歯のメインテナンスの症例

登録されている症例がありません。

フルマウス治療のご案内

同じ場所の虫歯の治療を何度も繰り返している人はいませんか?これは原因が解消されていないから起こることです。噛み合わせなどの原因を追究・解消する当クリニックのフルマウス治療なら、痛みを解消するだけでなく再発も防ぐことができます。フルマウス治療なら、ぜひおおこし歯科クリニックにご相談ください。

フルマウス治療

WEB予約